桜猫日和へようこそ。
当サイトはロマンス小説を公開しています。
R18作品をメインに取り扱っておりますのでご注意ください。

贄の魔導王は~

王都へ4

「ご、ごそんがん……」  いきなり前に並んでいる貴族の令嬢...
贄の魔導王は~

王都へ3

(朝の空気を吸おう)  ベッドから立ち上がり窓辺に行くと、...
贄の魔導王は~

王都へ2

「凄く詳しいんですね、その、騎獣というものに」「そりゃあ当...
贄の魔導王は~

王都へ

「あまり村の外って出たことないのよね……」  うーん、と唸...
贄の魔導王は~

ノエリア5

「おお、ノエリア。そう嘆かないでおくれ。みんなお前さんのこ...
贄の魔導王は~

ノエリア4

「余計なお世話だわよ……」  顔を引き攣らせながら朝食を済...
贄の魔導王は~

ノエリア3

「ごちそうさま。今日も美味しい朝食をありがとう」  食べ終...
贄の魔導王は~

ノエリア2

「手が……疲れた。わたしにも素敵な旦那さんがいたらメレンゲ...
贄の魔導王は~

ノエリア

「あら、卵がないわ。もらってこなきゃ」  ノエリアは琥珀色...
贄の魔導王は花嫁を溺愛する

贄の魔導王は花嫁を溺愛する

 小さな村で暮らしていたノエリアは、国王の花嫁募集を見て...