吸血鬼と不良神父の溺愛情事

表紙:吸血鬼 吸血鬼と不良神父の溺愛情事

 吸血鬼のマリアは同族に契約魔法をかけられ、特定の人物の血と精によってしか生きられない体になってしまった! その上、相手は天敵である神父のミゲルだ。
 しかもミゲルの血はマリアを腰砕けにするため、うかつに吸うこともできない。そればかりかミゲルは神父でありながらマリアが好きだと言い、戸惑いながらも生きるためとマリアはミゲルに抱かれる日々を過ごす羽目になったのだった――。
「アンタは抱き心地良くて可愛かったし……多分、一目惚れだ」
「は……?」
 素直になれない吸血鬼が不良神父に溺愛されるお話です。

R18作品となっております!
無理やりなエッチから始まるので、苦手な方は気を付けてください。
でも最後は溺愛になるので、読んでやろうという方は安心してお読みください(*´ω`*)

殺したいのに殺せない相手

*美しい吸血鬼のマリアは天敵とも言える神父ミゲルの部屋で組み敷かれていた。

殺したいのに殺せない相手  02 03 04  05 06 07 08 09

追う者と追われる者

*マリアがミゲルと体を重ねるに至った訳は……。

追う者と追われる者 02 03 04 05 06 07

乾きと熱

*初めて体験する激しい乾きに、マリアは――。

乾きと熱 02 03 04 05 06 07 08 09

bitter sweet

*マリアの前に現れた、幼い少年とほろ苦いコーヒーの味。

bitter sweet 02 03 04 05 06

自称婚約者の再来

*マリアをこの状況にした張本人が現れて!?

自称婚約者の再来 01 02 03 04 05

神父はおねだりをご所望です

*素直になれないマリアに、ミゲルが”おねだり”。

神父はおねだりをご所望です01 02 03 04 05 06 07 08 09

ミゲルと教会

*法皇から教会に呼び出されたミゲル。

ミゲルと教会 02 03 04 05 06 07

「好き」は魔法の呪文

*通じ合う心と体。甘く激しいひととき。

「好き」は魔法の呪文 02 03 04 05 06 07 08 09

吸血鬼退治

*ミゲルはマリアのために戦い、そして……。

吸血鬼退治 02 03 04 05 06

変わらぬ想い

*意外なミゲルの過去。

変わらぬ想い 02 03 04 05

マリアの王子様

*ミゲルに心がときめいてしまうマリア。ハッピーエンド。

マリアの王子様 02 03 04 05 06 07 08 09

↑読了ついでにポチッと(*´ω`*)桜猫にちゅ~るが贈られます。
↑読了ついでにポチッと(*´ω`*)桜猫にちゅ~るが贈られます。
吸血鬼と不良神父の溺愛情事
~桜猫*日和~