★2/15:雑記更新 ・「嘘つき聖女候補~」と「座学の女王さま~」をメインに更新中。

マリアの王子様6

各話:表紙

「そ? じゃあいつもどおりで……なんて言うと思った? 王子やってると君が可愛いからもう少し楽しませて?」

 にこやかに言いながら、ミゲルの指先はなおも小さな粒を弄り回す。

 触れているのかいないのかという、絶妙な力加減でそこを撫でる。

「ひん、あ……あぁ……きもち、い……」

 腰が跳ねそうになるのを必死に抑えようとすると、脚に力が入ってしまう。

「それは良かった。中も触ってあげる」

 言葉と共に下着の際から、ミゲルのすらりと伸びた指が侵入してくる。

 くちゅ、といやらしい音がして、濡れすぎた泉に彼の指はするりと入ってしまう。

 ミゲルの指が内壁をゆっくりと撫で回すと、もうそれだけでマリアは達してしまいそうだと思った。

「あっ、あ、やぁ……っ」

 心地良さに浸りたい反面、抗うように頭をふるふると振る。

 中がどうしようもなく疼いて新たな涙が潤んだ瞳からこぼれ落ちる。

「こんなに中を潤ませて、淫乱だね。私の可愛いお姫様は」

(うぅ、そんなイイ声で囁いてくるな……!)

 耳にかかる熱い吐息と甘い声がマリアの体をとろとろに溶かしていく。

 声を聞くだけで腰が震え、体の奥からとろりとした蜜が溢れてしまう。

「また蜜が溢れてきた。もう一本指を入れてあげる」
「ミ、ミゲ、ル……ふ……ぁ……」

 もう言葉すらまともに口にできず、ゾクゾクとした快感にマリアはまた涙をこぼす。

 気持ち良すぎて泣けてくる。

「ねえ……中をかき回されるのと、前後に擦られるのどっちがいい?」
「ひっ!」

 獲物を捕まえた猛禽類のような熱い瞳を向けられ、ひときわ強い快感がゾクリと背筋を駆け下りた。

 マリアの敏感すぎる反応に、ミゲルの苔緑の瞳がすっと細くなる。

 赤く熟れた唇にミゲルの赤い舌が触れ、ぺろりと舐められた。

「ねえ、言ってくれなきゃ君を気持ちよくしてあげられないな」

 唇が触れるギリギリの距離でミゲルはかすかな笑みを浮かべて言う。

 唇にかかる彼の熱を含んだ息に、マリアの鼓動がまた加速する。

(なっ、なんなんだ、このなんとも言えない色気は……! 男のくせに、ミゲルのくせになんでこんなに色っぽいんだ)

 マリアが言いあぐねていると、はむ、と唇を彼の唇で食まれる。

 そしてそっと舌先で柔らかな唇を舐められる。

「ん……ふ……こ、擦って……」

 やっとの思いで泣きそうになりながら答えると、ミゲルはにっこりと微笑んだ。

「ふふ、素直な君は本当に可愛い……」

 秘所に埋められた二本の指が――中をかき回すように動きはじめる。

「あっ……」

 一瞬マリアは驚く。擦ってと言ったはずなのに、彼の指は前後にではなく円を描くようにぐちゅぐちゅと中をかき回していく。

 一旦動き出した指の動きが徐々に速さと激しさを増していく。

「ふ、ああぁっ……や、ぁあっ……は……」

 どんどん湧き上がってくる快感に抗えず、縋るものが欲しくなりマリアはミゲルにぎゅっとしがみつく。

 その体から熱を感じ、彼も興奮しているのだとわかると嬉しくなる。

「ごめんね、君があんまり可愛いから意地悪しちゃった」

 口ではごめんと言いながら、その口元には笑みが浮かぶ。

「いい……意地悪、して……」
(だって気持ち良くてたまらない。意地悪でもなんでもしてほしい)

「うん、わかった。じゃあ、いっぱい意地悪してあげる」

 一瞬きょとんとしたミゲルだったが、すぐに笑みを浮かべマリアの唇にちゅっと軽いキスをする。

 それからミゲルの淫らな指が再びマリアの中を蠢く。

 ゆるゆると中をかき回しつつ、時折マリアの弱い部分を指の腹で愛撫する。

「んんんっ、は……ああ……」
(なにをされても気持ち良くて、ふわふわする……)

 ミゲルに愛撫されながら、マリアの表情がどんどん甘く蕩けていく。

 快感のために涙に潤んだ瞳は熱を孕み、薔薇色に染まった頬はもっと触れてほしそうだ。

 彼女がうっとりしていると、中の愛撫に加え外の敏感な小さな粒をゆるゆると撫でられる。

 勝手に腰がビクビクと反応し、蜜を溢れさせていく。

 さらに潤った秘所への愛撫が徐々に強く激しくなる。

 じゅぷじゅぷと淫らな粘膜の音が辺りに響き、マリアを耳から犯していく。

 羞恥に耳をふさぎたくとも、しっかりとミゲルにしがみついてしまっているので、それもままならずマリアはもどかしくなる。

 どんどん、どんどん快感が強くなり押し上げられていき、腰が跳ねる。

 そして、とうとう達してしまう! そう思った時にいきなり指を引き抜かれ、マリアは達することが出来なかった。

↑読了ついでにポチッと(*´ω`*)桜猫にちゅ~るが贈られます。
↑読了ついでにポチッと(*´ω`*)桜猫にちゅ~るが贈られます。
吸血鬼と不良神父~
~桜猫*日和~