★2/15:雑記更新 ・「嘘つき聖女候補~」と「座学の女王さま~」をメインに更新中。

マリアの王子様5

各話:表紙

「嫌じゃ、ない。私の全てに触れてほしい」

 期待と恥ずかしさにマリアの瞳が潤んでいく。

 ミゲルを見つめる瞳に熱が篭る。

「やべ、かわい……じゃなくて、姫は本当に可愛らしい。無意識に私を煽っているとわかっているのかな?」

 その間にもミゲルの指先は、マリアの服に侵入し容易く下着を探り当てた。

 布越しにそっと割れ目に指を当てると、しっとりと濡れているのが確認できた。

「ん……っ、は……」
(ああ、どうしよう。触れられてしまった……ぐしゅぐしゅになっているのがバレてしまった)

 恥ずかしさとそこに触れたミゲルの指の熱に鼓動が跳ね上がる。

 もっと触れてほしいと思っていると、考えを読まれたようにミゲルの指がゆるゆると下着越しにマリアの秘所を撫で上げていく。

 幾度も割れ目に沿って指を擦り上げられると、淫らな欲望の火が灯りそこがじんじんと疼く。

 焼け付くような焦れた快感が全身を支配して、マリアの喉元から甘くいやらしい喘ぎが漏れる。

「はぁ、ん……そんなに、擦られたら……っ」
「気持ち良くてたまらない? だろうね、下着越しなのに私の指は君の愛液で濡れてしまった」
「ひぅっ」

 耳元で、甘く低い声で囁かれるとそこから一直線にゾクゾクとした快感が腰まで駆け抜けていく。

 マリアが思わず身を捩ると、耳朶に口づけられ再度腰を震わせた。

「たったこれだけで、こんなにぐしょぐしょになるなんて、君はいやらしい姫君だね」
「いやらしいのは、そっち、だろう……っ」

 必死に言葉を紡ぐと、ミゲルの指がさらに割れ目に押し付けられ、そのままぐりぐりと秘所を撫で回される。

 そうされると、ときおり少し上の敏感な粒に掠り、ビク、と腰が跳ねてしまう。

「否定はしないよ。いやらしい私は嫌いかな?」

 ミゲルの問いにマリアはフルフルと首を横に振る。

 その時ミゲルが背中に回していた手を離し、服の首元を緩めた。

「……っ」

 その仕草がマリアにはとても艶かしく見えて、顔が熱くなってしまう。

 胸元まで開かれ、そこからちらりとミゲルの鎖骨が覗く。

(ああ、なんてことだ……こんなに色気があるなんて、予想外だ。胸がドキドキしすぎて少し息苦しい)

 ミゲルの手がそっと薔薇色に染まった熱い頬をするりと撫でる。

「まだ緊張しているのかな。ちゃんと息をしないと酸欠になってしまうよ?」
「あ、ああ……ちょっと待っててくれるか」

 柔らかな笑みを向けられると、またすぐに鼓動が荒波のように乱れ、マリアは深呼吸を繰り返す。

 顔を見るとドキドキしてしまうので、両目を閉じて十回ほど吸って吐いてを繰り返し、少しだけ落ち着きを取り戻す。

 その間、ミゲルが必死に笑いをこらえていることを、マリアは知らない。

「ホント王子様に弱いんだな、アンタ」

 普段の口調にマリアの心がホッとして落ち着きを取り戻す。

 もう大丈夫と再び目を開けると、ミゲルが優しい眼差しを向けている。

 大丈夫だと思ったのに、また少し鼓動が速くなる。

「きっ、貴様がかっこよすぎるのが悪いんだっ」

 思わず叫んでしまった。ミゲルは優雅に微笑むとマリアの耳元にそっと口を寄せる。

 そのことがさらにマリアの鼓動を速くする。

「ありがとう。君にそう言ってもらえるなんてすごく嬉しい。たくさん愛してあげる」
「う、卑怯だ……こんなの、狡い……っ」

 とろとろの蜂蜜にさらに砂糖を溶かし込んだような、過分に甘さを含む声で囁かれると頭の芯がぼうっとして、腰まで甘い痺れが駆け下りた。

 あまりにも心地よくて、目尻から涙がこぼれおちる。

「卑怯もなにも君がこうすることを望んだんじゃないか。しかも癪なことに、いつもより感じているよね?」

 マリアの頬を伝うしずくを唇で受け止めながら、ミゲルは下着越しに秘裂の上の小さな粒をぐりっと押し潰す。

 反射的にマリアの腰がビクリと揺れた。

「ああっ、や……も、もういいっ! いつもの、ミゲルに戻ってくれ……!」

 快感とドキドキでどうにかなってしまいそうだ。

 

↑読了ついでにポチッと(*´ω`*)桜猫にちゅ~るが贈られます。
↑読了ついでにポチッと(*´ω`*)桜猫にちゅ~るが贈られます。
吸血鬼と不良神父~
~桜猫*日和~