★2/15:雑記更新 ・「嘘つき聖女候補~」と「座学の女王さま~」をメインに更新中。

神父はおねだりをご所望です5

各話:表紙

「ああ、もう。いちいち可愛いんだよなぁ……ホント、可愛い」

 熱を孕んだ瞳で見つめられながらそう告げられて、マリアの鼓動がどくんと跳ねた。

 ミゲルの声音があまりにも甘く蕩けそうなくらいにやさしいから、思わず告白されたのだと勘違いしてしまいそうになる。

「一思いに貫きたくなっちまう。でもやさしくするって言ったからな」

 秘裂を撫で上げる指の動きはゆっくりでやさしいが、ミゲルの声には明らかな焦りがにじみ出ている。

 頬に口づけるたびに熱い吐息がマリアの肌を撫でた。

「ミゲル……ん……」
「やべぇな。アンタに呼ばれるだけでイっちまいそ……」

 お湯の中でもぬるぬるに濡れているのがわかり、ミゲルは満足気に笑いながらそっと泥濘の中へ指を潜り込ませる。

 幾度となく彼に抱かれた体は、なんの抵抗もなくそれを受け入れる。

 そこはすでに柔らかくて温かで、すぐにでもミゲル自身の熱い欲望を受け入れられそうだ。

(ああ……どうしよう。このまま流されてしまってもいいのだろうか……。いや、今更か……もう何度抱かれてしまったことか)

 ぼんやりとそんなことを考えながらも、マリアの体はどんどんミゲルの愛撫で溶かされていく。

 尽きることのない悦楽に思考を保つことが難しい。

「ぁあっ……は……ああぁ……」

 マリアの体を知り尽くしたミゲルの指が、中の気持ち良いところをぐにぐにと搔き回すように撫で擦る。

 そうされるとどうしようもなく強く切なく疼いて泣きたくなってくる。

「マリアの感じてる声、すげぇ好き……喉が嗄れるまで啼かせたい」

 ミゲルの指の腹が、すでに膨らみ始めた花芯をゆるゆると撫で回す。

「んんっ、やっ……だめ、同時にするなんて、んん……ふ……」

 中と外の感じる部分を同時に刺激されると、恥ずかしい声が我慢できなくて、それでも耐えようとしてマリアは眉をしかめた。

 必死にこらえているのに、腰が度々跳ね、甘く強請るような声が勝手に喉からせり上がってしまう。

「ふ、そんな蕩けた顔で言っても説得力ないの。ほら……わかるだろ? アンタの柔らかな襞がオレの指に絡み付いてきてる」

「実況など、いら、あああっ!」

 ミゲルの指が激しく蜜壷を掻き回すと同時に、花芯を指の腹でぐりぐりとすり潰され、急激に増した快感にマリアの腰がびくびくと跳ねた。

「はあ、たまんねぇな。オレの指を必死に捕まえようとして、こんなに締め付けてきて。ホント、エロくて敏感で良い体してるよな」

「あっ、あっ、気持ちい……っ」
「うん、一回イっときな」

 素直に感情を表すマリアのことが可愛くてたまらず、喘ぐ彼女をうっとりと見つめながら、ミゲルは彼女の花芯をキュッと指で摘んだ。

「あああっ!」

 もっとも敏感な部分に止めといわんばかりの刺激を与えられ、マリアはあっけなく達してしまった。

 強烈な快感が背筋を駆け上がり、弓なりに背をのけぞらせた。

「はあっ、はあ……ああぁ……」

 余韻に浸ったまま、マリアは荒い呼吸をしつつ、熱く潤んだ瞳はうっとりとしている。

 目尻から快感からの涙が零れていた。

「マリア、かわいい……もっとオレの腕の中で乱れまくってもらうからな」

 目尻にふわりと口づけ、涙を吸い取る。

 それから彼はマリアの背後に移動する。

 慣れた手つきで当たり前のように、ミゲルの腕が彼女のしなやかにくびれた胴に回される。

「……ん……」
(この腕の中は、心地良くて、安心できて、とても好き)

 すっぽりと彼の腕の中に収まるように抱かれるのが、マリアはとても好きになっていた。

 だがその安らぎに浸る時間はすぐに途絶えた。

 別の快感が押し寄せてきたからだ。

↑読了ついでにポチッと(*´ω`*)桜猫にちゅ~るが贈られます。
↑読了ついでにポチッと(*´ω`*)桜猫にちゅ~るが贈られます。
吸血鬼と不良神父~
~桜猫*日和~