★2/15:雑記更新 ・「嘘つき聖女候補~」と「座学の女王さま~」をメインに更新中。

殺したいのに殺せない相手8

各話:表紙

「愛の営みの最中に物騒なこと言うなよ、な? それにこれはアンタを助けるためにやってるんだ……ほら、もっと気持ちよくなりな?」

 ふっと微笑んだかと思うと、ミゲルは凄絶な色香を放ちながら自身の熱源をマリアの潤んだ秘裂に擦りつけてきた。

 溢れた蜜を全体になじませるように、ゆっくりと上下に腰を動かされると、にちゅ、と淫らな音が室内に響く。

 その淫靡な水音はベッドの軋む音と比例して速さを増し、二人の愛液が混ざりあいぐちょぐちょになっていく。

 滑りの良くなったマリアの秘所をなんの抵抗もなく、ミゲルの昂ぶったものが激しく上下する。

「ああっ……やぁ……っ、あ……熱い……あっ……」

 なにが愛だ! ……と思ったのはほんの一瞬で、すぐに強烈な快感に襲われたマリアは喘ぐことしかできない。

 直接、中を犯されているわけではないのに、ミゲルの熱の塊が自分の秘所を擦り上げるたびに、なんともいえない快感が体中を駆け巡る。

 ミゲルの昂ぶった熱が、触れ合う肌越しに移って体の奥を熱くする。

 自分の体のもっとも奥深いそこが、熱く切なく疼いて疼いて堪らない。

 出会ったばかりで愛などないはずなのに、ミゲルとひとつになりたくて堪らない。

 あの熱い熱の塊が自分の中に欲しくて堪らない。

(なにを、馬鹿なことを……っ! この男は私を強引に抱いて、神父のくせに最低な奴だっ。こんな男のものなど、欲しくない――!)

 そう思う間にもミゲルの滾る雄の象徴は、容赦なくマリアの濡れた秘所を攻め立てる。

 何度も激しく擦られ、体を揺さぶられるたびに、花弁だけでなくその上の神経の塊といってもいい小さな芽まで擦られて、マリアはもう我慢できそうにない。

「マリア……腹に、出すぞ……っ」

 限界が近いのはミゲルも同じらしい。

 こみ上げるものを必死に我慢しているのだろう、額には汗が浮かびいくつか髪が張り付いている。

 熱い瞳がすうっと細められ、快感に耐えようとするミゲルの表情は、あまりにも艶めかしい。

 汗と混ざったミゲルの雄の香りが濃くなったような気がして、マリアはくらくらする。

「あぁ……っ――」

 もう駄目だった。ミゲルの強烈な色香と快感に煽られ、マリアの背中がシーツから浮いた。

 激しく息を乱し腰を震わせながら、マリアは愉悦の海に投げ出された。

 そして、霞みゆく意識の中で、腹部に熱いものを感じたのだった。

「よう、さっきぶり。起きてるか?」

 ほんの少し意識を手放していたらしく、マリアがふたたび我に返ると体を重ねたままのミゲルが自分を見下ろしていた。

「……す、済んだのなら、どけ……」

 若干拗ねた物言いになったのは、気恥ずかしさからだ。

「ほら、今アンタに必要なものだ」

 そう言ってミゲルは、マリアの白いお腹に放った自身の精液を指ですくい取り、薔薇色の唇に近づけた。



↑読了ついでにポチッと(*´ω`*)桜猫にちゅ~るが贈られます。
↑読了ついでにポチッと(*´ω`*)桜猫にちゅ~るが贈られます。
吸血鬼と不良神父~
~桜猫*日和~