★2/15:雑記更新 ・「嘘つき聖女候補~」と「座学の女王さま~」をメインに更新中。

乾きと熱6

各話:表紙

「なに言ってるんだ! 私はそんなこと許可してな……ああぁっ……ゃ……っ」

 最後まで言わせないとばかりに、ミゲルが自分の昂ぶりをマリアの秘裂に激しく擦り付けた。

 十分すぎるほどに潤みきった場所から、ぐちゅぐちゅと淫らな音が立つ。

 何度も上下に擦られると、秘所が火傷するのではないかと思えるほどに熱く疼き、ガクガクと腰が震えた。

「こんなに感じてるくせに、そんな気持ちよさそうな顔と声で言われても、説得力ないからな。大丈夫、怖がらなくていい」

「……っ」

 マリアはどう反応していいか、わからなくなった。

 そんなマリアの戸惑いを読み取ったミゲルがふっと微笑む。

「アンタはただ快感に浸ってればいい」

 そっとソファに押し倒され、秘裂を指で撫で上げられると、マリアの腰が小さく震えた。

 潤みきったそこに、なんの抵抗もなくミゲルの長い指が一本飲み込まれた。

 中に入ってきた指が、ゆっくりと内側をなぞるように動かされると、もどかしさにマリアは熱い吐息を漏らした。

「この前よりも熱いな、アンタのナカ。それに凄く潤ってる……ああ、確かここがよかったんだっけ」

 ミゲルの指がいとも簡単にマリアの中のいい場所を探り当ててしまう。

 そこを繰り返し刺激されるとマリアの腰が勝手に腰が震えた。

「ひんっ……ん……あっ、やぁ……」

 ミゲルの血を飲んで快感が高まっているせいか、気持ちよくて堪らない。

 気持ちよすぎて、やめてほしいと思う半面もっとと思ってしまい、マリアの顔が熱くなる。

 マリアが一度達するまでそこを攻められ続け、気づけば指が二本入っている。

 蜜口をほぐすように自分の蜜で濡れたぬるぬるのミゲルの指が、中をゆるゆるとかき回す。

 それだけでも軽く達しそうになり、マリアはたびたび体をひくつかせた。

 しかもミゲルは一向に手を緩めず、マリアの蜜壺をぐちゅぐちゅと、わざといやらしい音を聞かせるように激しく掻き回した。

「や、ああぁ……っ」

 ただでさえミゲルの血を飲んだことで感じやすくなっているのに、激しくされるともう限界だった。

 マリアは歓喜の涙を流しながら、ふたたび果ててしまった。

「いいね、甘くていやらしい香りだ。わかるだろう? アンタのナカから溢れた蜜の香りだ……十分ほぐれて柔らかくなってる。そろそろ、いいかもな……」

 やさしい手つきで膝を開かれ、ミゲルの目の前にマリアの秘所が晒される。

「……っ、み、見るな……っ」

 膝を胸の近くまで曲げられ、むき出しになった秘所にミゲルの視線が向かい、マリアは恥ずかしさに泣きたくなる。

「綺麗でいやらしくて最高なのに、見るなとか意地悪言うなよ」
「意地悪なのは貴様だっ……こんな恥ずかしい体勢……」
「そのうち慣れるから安心しろ」

 ミゲルはそう言いながらマリアの秘所に自分の昂ぶったものをそっとあてがう。

「ひ……ああぁ……あっ……」

 ぬるぬると数回擦り付けるようにされると、焦れた体がビクビクとわなないた。

「じゃ、今から入れるけど、痛かったら言えよ?」

 自分の昂ぶったものを手に取ると、ミゲルはマリアの秘裂を割り、先端をそっと中に沈めた。

「あ、熱いっ……や、こわい……ミゲル……っ」

 自分の中に火傷しそうなほど熱いものが、隘路を押し広げながら入ってくる感覚に慣れていないマリアは、不安でなにかに縋るように両手を上に伸ばす。

「マリア……やさしくしたいのに、そんなふうに煽られると辛い」

 苦笑したミゲルに手を取られ、首に誘導された。マリアはミゲルの首にしがみつくと少し安心した。

「なぜ、貴様が辛いんだ。痛いのは、私なのに」
「そのうちわかるよ」

 言葉とともに頬に口づけられ、また少しミゲルの熱い楔がマリアの中に入ってきた。

 指とは比べ物にならない圧倒的な質量がみっちりと隙間なく、あるいは押し開きながら入ってくる感覚は痛みと圧迫感をともなった。

「あ、まって……痛い……それ以上は……っ」
「ああ、馴染むまでしばらくこのままで……しかし、ヤバイな……アンタのナカは気持ちよすぎる」

↑読了ついでにポチッと(*´ω`*)桜猫にちゅ~るが贈られます。
↑読了ついでにポチッと(*´ω`*)桜猫にちゅ~るが贈られます。
吸血鬼と不良神父~
~桜猫*日和~