★2/15:雑記更新 ・「嘘つき聖女候補~」と「座学の女王さま~」をメインに更新中。

繋がる2

各話表紙:聖女

「はあ……ヤバイな。あっけなく果てたら悪い……お前を目一杯気持ちよくしたいんだが……っ」

 少し動いただけでもたまらないのか、ラミレスは必死に快感に耐えているようだ。

「あっ、あっ、ラミレス……やだぁ……きもち、い……っ」

 緩い動きだがゆさゆさと腰を揺らされると、なんとも言えない心地よさが体を支配する。

 フィアーナは自分からラミレスに抱きついておきながら、そのあまりの快感に逃げようと身を捩った。

 しかし、しっかりと繋がったお互いの結合部は少しも離れない。

「まって、ラミレス……だめぇ……っ」
「無理、言うな……っ」

 生まれて初めて味わう強烈な快感に、フィアーナの青い瞳から涙がこぼれる。

 こんなに甘く、熱く、体の芯を蕩けさせる快感があるなんて知らなかった。

 自分の媚肉がじわじわとラミレスの熱を締めつけているのが感じられ、フィアーナは恥ずかしい。

「お前が、俺を、離さないのに……ん……っ」

 ラミレスの動きがどんどん速くなる。

 それにつれ、二人の結合部から卑猥な音がぐちゅ、じゅぷっと激しく響く。

 小さかったベッドの音もギシギシと大きく軋む。

「あ、や……んく……はあぁ、だめ、だめ……」

 口では駄目と言いながら、フィアーナ心地よくてたまらない。

 ラミレスの動きが激しくなるたびに快感が強くなる。

 蜜壺を突かれるたびに頭の芯が蕩けそうなほどの快感が襲ってくる。

 息は乱れ、瞳は熱く快感に潤み、口からは熱い吐息が漏れる。

「フィアーナ……っ、なんて可愛いんだ……その声でもっと俺を呼んでくれ」
「ラミレス……ああっ……」

 フィアーナが彼の名を口にすると、ラミレスの熱杭が更に硬さを増し、フィアーナの最奥をがつがつと穿つ。

 腰が壊れるのではないかと言うほど激しい動きなのに、与えられる快感は熱くて甘い痺れを伴うものだ。

「溶け、ちゃう……ラミレス……っ」

 お腹の奥が狂おしいほど熱く、甘く疼いて、最大の切なさでもってラミレスの熱をキュウキュウと締め付ける。

(ラミレスのすべてが、欲しい……っ!)

 もうどうにも切なくなって、フィアーナが懇願の眼差しを向けると、ふっと微笑んだラミレスが一度動きを止めた。

「え、ラミレス?」

 とフィアーナが口にした瞬間、これが最後だとばかりにラミレスに思い切り奥をえぐるように突き上げあれ、フィアーナは達してしまった。

「きゃっ、ああぁあぁっ……――」

 不意打ちで熱を穿たれたフィアーナの背中が大きくのけ反った。

 目の前が白く弾けて、下半身が甘くビリビリと痺れた。

「……っ、く……っ」

 フィアーナが達するとすぐにラミレスも絶頂を迎えた。

 フィアーナが達したときの締めつけで、あっさり持っていかれたのだ。

 フィアーナの中にラミレスの熱い飛沫が解き放たれた。

 それに反応するように、フィアーナの腰がふるりと震えた。

「は……あぁ……ぁ……」

 達したばかりのフィアーナは荒い呼吸をしながらも、その瞳はうっとりとして快感に浸っている。

 ラミレスの熱に穿たれ、すっかり上気した肌には玉の汗が浮かぶ。

 そのさまがなんとも艶やかで、美しい。

「やっと捕まえた。俺のフィアーナ……」

 ラミレスも荒い息のまま、フィアーナを見つめながらそう口にした。

 少し気だるそうな表情にふわりと色気が漂う。

 ラミレスは額の汗を拭うついでに髪をかき上げる。

 それをうっかり見てしまったフィアーナは、その艶めかしさにドキリとした。

(ラミレスは男の人なのに、どうしてそんなに色っぽいのよ……)

 なんとなくわけのわからない敗北感を感じるが、悪い気はしない。

 この世で最も愛しい存在が、こんなに艶やかで美しく、一途に自分を愛してくれていること、にフィアーナは至福の喜びを感じる。

「うれしい……悔いはないわ……」

 フィアーナは心から晴れやかな笑みを浮かべた。

 

↑読了ついでにポチッと(*´ω`*)桜猫にちゅ~るが贈られます。
↑読了ついでにポチッと(*´ω`*)桜猫にちゅ~るが贈られます。
癒やしの聖女は~
~桜猫*日和~