★2/15:雑記更新 ・「嘘つき聖女候補~」と「座学の女王さま~」をメインに更新中。

最愛のあなた2

各話表紙:聖女

「こんなに濡れて、いやらしい体ですね……言ってるそばから蜜を垂らして……」

 ラミレスはうっとりしつつ、フィアーナの濡れそぼった蜜口に顔を寄せる。

 口から赤い舌が覗いたかと思うと、ベロリと蜜を舐め取られた。

「ひぁんっ! ……な、なにするの……っ」

 肉厚の舌が秘裂の間を舐め上げる感覚に、フィアーナはたまらず腰をびくつかせた。

「あまりにも、美味しそうだったので、舐めただけです」

 そう話すラミレスの息はわずかに乱れ、目元はほんのりと朱に染まる。

 今のでかなり興奮したようだ。

 少し焦れたように自分の昂ぶったものを手に取ると、ラミレスはそっとフィアーナの秘所にあてがう。

「ん……」

 いよいよラミレスの熱いものが、自分の中に入ってくるのかと思うと、フィアーナはゾクゾクしてたまらない。

 初めてラミレスと一つになった日を思い出し、頬がカアッと熱くなる。

「フィアーナ……ああ、やっと……ん……」

 蜜口にラミレスの熱杭の先が飲み込まれる。

 よほど気持ちがいいのか、ラミレスは切なげに眉根を寄せた。

 必死に快感に抗っているようだ。

 フィアーナはラミレスの熱を受け入れつつ、みちみちと押し広げられる圧迫感に息が詰まりそうになる。

(少し、苦しい、けど……ラミレスのすごく熱い。そんなに、わたしがほしかったの?)

 濡れた青い瞳を問いかけるようにラミレスに向ければ、極上の甘い笑みが返ってくる。

 愛しい者にしか見せない笑みを向けられ、フィアーナは胸がキュンと締めつけられた。

 その笑みにうっとりと見惚れていると、ズルリとラミレスの熱の楔が根本まで穿たれた。

「……っ、はぁ……っ」

 フィアーナの白くやわらかな太腿の裏側に、ラミレスの腰がとん、と触れた。

 二人の肌はすでに汗ばんでいて、お互いの肌が隙間なくピッタリと重なった。

「やっと、あなたと心の底から安心して一つになることができました……聖女ではない、一人の女性として。こんなに嬉しいことはありません……」

 そう告げるラミレスの声は、快感からか、感動からか、わずかに震えている。

 いや、おそらく両方なのだろう。

 一途にフィアーナを想い続けてきたラミレスは、きっと今、無情の喜びに浸っているのだ。

「あ……っ! 中で、また……っ」

「初めてより、今のほうが興奮しているみたいです。反省はしませんが、先に謝っておきます。暴走したらすみません」

 フィアーナの中でさらに熱い欲望を膨らませたラミレスは、少しも悪びれた様子もなく口にした。

「は、反省、しないんですか……?」
「しません。あなたが一番良く知っているでしょう? 私がどれほどこの時を待ち望んでいたのかは」

「それは……そうですけど」
「あなたが、私の形を覚えるまで、離す気はありませんから……覚悟してくださいね?」
「そんな……お、覚えるって……」

 無性に恥ずかしくて、フィアーナはラミレスから視線を逸らした。

「大丈夫、すぐに覚えます……繰り返し体に刻み込んであげますから」

 ラミレスの言葉にドキドキしていると、背中に逞しい腕が回りギュッと抱き寄せられた。

 筋肉質の滑らかな肌はうっすらと汗ばみ、フィアーナの柔肌と吸い付くように重なる。

 肌から伝わるラミレスの体が熱くて、頭の芯がぼうっとする。

 それに加え、彼の雄の香りが色濃くなり、フィアーナはその香りに包まれているだけで、どうにかなってしまいそうだ。

 緩やかな刺激が秘所からじんわりと広がる。

 ラミレスがゆるゆると腰を動かしはじめたのだ。

「あっ……はあ……ゃ……」

 漣のような快感が沸き起こり、焦らされている気分になる。

 フィアーナは、つい強請るような眼差しをラミレスに向けてしまった。

「まだ二回目だというのに、煽りますね? ならもう少し速くしましょうか」

 口角を上げたラミレスが、少し速めに体を揺さぶる。

 それに合わせて、二人の結合部から、淫らな音がリズミカルに積み重なっていく。

「あっ、あっ、まって……やぁ……っ、あぁ……」

 段違いに快感が高まり、フィアーナは逃げようとして身じろぐが、まったく意味をなさない。

 すっかり快感に染まった体は、さらなる快感を欲し、蜜口から新たな雫を垂れた。

 それはフィアーナの内腿からお尻へと伝い、シーツに染みを作る。

(や、やだ! 恥ずかしい! こんな……気持ちよくて、さらに濡れてしまうなんて……!)

「待ってあげたいのは山々ですが、気持ちよくて止まりません……それに、あなたも随分気持ちよさそうですね?」

「――っ!」

 低めの過分に蜜を含んだ声でささやかれると、フィアーナの腰がビクッと跳ねた。

「ああ……可愛いな……本当に、可愛い……なんどでも達かせたい……」

 フィアーナの反応に気を良くしたのか、ラミレスの動きがさらに加速する。

 激しく腰を打ちつけられ、ベッドが悲鳴を上げるかのように大きく軋む。

「あぁあぁっ! や、はげし……っ……ああぁん……あっ、あっ……」
「もっと、聞かせてください……その声、最高です……んっ……」

 髪を振り乱し、一心不乱にラミレスは腰を打ちつける。

 その額には玉の汗が浮かび、呼吸が荒い。

 フィアーナより先に達してしまわないよう、快感を抑え込んでいるようにも見える。

 その様子がなんとも悩ましく見え、フィアーナは興奮してしまった。

(ラミレスが、快感に耐えてる顔……好きかもしれない。どうして男の人なのに、そんなに色っぽいの?)

 気持ちよくて今にも意識を手放しそうになりながらも、フィアーナはそんなことを思った。

「ひゃ!? あ、あぁあっ……だ、だめ……っ」
「ふふ、当たりましたね……子宮口に。欲しがりですね、フィアーナは……」

 ラミレスが嬉しそうにささやく。

「言わなくて、いいからぁ……っ!」

 押し寄せる快感に耐えながら、必死に口にすると、ラミレスに頬に口づけられた。

 しかし限界が近いフィアーナの体は、先程から幾度となく腰をビクビクと震わせている。

「恥じらうあなたは本当に可愛い。こんなに私を感じてくれて、幸せです……ああ、そろそろヤバイですね」

 少し前からフィアーナの媚肉に締めつけられ、ラミレスは限界スレスレの状態が続いていたのだ。

 ラミレスの言葉にフィアーナもこくりと頷いた。

 

↑読了ついでにポチッと(*´ω`*)桜猫にちゅ~るが贈られます。
↑読了ついでにポチッと(*´ω`*)桜猫にちゅ~るが贈られます。
癒やしの聖女は~
~桜猫*日和~