★2/15:雑記更新 ・「嘘つき聖女候補~」と「座学の女王さま~」をメインに更新中。

我慢の限界2

各話表紙:聖女

 しつこいほどにねっとりと、ゆっくりと自分の咥内を這う舌の動きが気持ちよくてたまらない。

 ときどき舌を甘噛みされたり、吸われたりすると、もっと欲しいとはしたないことを考えてしまう。

 すっかりフィアーナが蕩けてうっとりしていると、上顎をくすぐるようにラミレスの舌がちろちろと動く。

 くすぐったさと快感が混ざった感触に、嬌声が漏れる。

「んあっ……はぁ……ん……っ」

 少しでも逃れようと頭を引くと、ぐいと顔を上向かされ、更に快感を煽るように上顎ばかりを舌先でくすぐられる。

 長い口づけで力が入らないフィアーナの口は開き、端から二人の混じり合った唾液が垂れる。

 口元から喉を通り、ゆっくりと鎖骨に達する。

 その生温かい唾液が肌を伝う感覚に、フィアーナはビクリと腰を震わせた。

「いやらしい顔になったな」

「――っ!」
(誰のせいでこうなったと!)

 フィアーナはそう言い返そうとしたが、小さな喘ぎしか出てこなかった。

「怒るな、俺の好きな顔だ。艷やかに潤んで色づいた、世界で一番綺麗な顔だ。誰にも見せたくない」

 少しだけ罰が悪そうに、けれどとびきり甘く耳元で響く声に、フィアーナはぎゅっと両目を閉じた。

(そんな声でささやかないで。こんなの狡い……なんでこんなに気持ちいいの?)

 ラミレスの低めの甘い声を聞くだけで、フィアーナは腰は愚かお腹の奥までキュンと疼いてしまう。

 自分で抑制できないから更に困る。

「どうかこのまま俺に身を預けてくれ。なにも考えず俺のものになってくれ」
「ラミレス……でも……」

「罪悪感なんて捨ててしまえ……お前だって一人の人間だ。女性としての幸せを知ってなにが悪い? 俺に触れられるのは嫌か?」

「……」

 とても口に出しては言えないが、フィアーナはふるふると首を横に振った。

 普段であればこんなことはしなかっただろう。

 ラミレスに頭の芯が蕩けるまで気持ちよくされたせいで、徐々に本音を曝け出していることに、フィアーナ本人すら気づいていないのだ。

「気持ちよすぎて、困っているの……こんなことしちゃダメなのに……とても気持ちよくて――」

 フィアーナはたまらなそうに熱い吐息を漏らした。

 さっきから体が火照ってたまらない。

 この熱を早くどうにかしてほしくてたまらない。

「ダメじゃないさ。同じ年頃の娘は皆していることだ。当たり前のことだ、違うか?」

 ラミレスの唇がフィアーナの耳朶じだをゆっくりと食む。

 じんわりと心地よさが伝わってきて、フィアーナはうっとりとする。

「そうね、みんなしていることだわ……ん……」

「そうだ。そうやって身を委ねていろ。いっぱい気持ちよくしてやる……俺の可愛いフィアーナ」

 ささやきは吐息に溶ける。

 その吐息すらもフィアーナの快感を煽ってしまう。

 肌の下を耳から腰まで甘い痺れが駆け下りた。

 必死に声は押し殺したものの、腰が小さく震えた。

 ラミレスに抱き上げられ寝室に移動する。

 そっとベッドに降ろされ、上からラミレスがフィアーナを見下ろす。

「フィアーナ、ずっとお前をこうやって抱きたかった」

 神官服の丈の長い上着を脱ぐと、ラミレスはそれを床に放り投げた。

 続けて下に着ていた肌着も脱ぎ捨て、上半身だけ裸になった。

「……っ」

 眼の前に晒されたラミレスの体を直視することが恥ずかしくて、フィアーナは視線を逸らす。

 一気に頬が熱くなる。

「こっちを見ろ。お前に見られて恥ずかしいとこなんて俺にはない」
「ラミレスが恥ずかしくなくても、わたしは恥ずかしいの……っ」

 言いながらもチラチラとラミレスの上半身を盗み見るフィアーナだ。

(今まで男の人の裸なんてまともに見たことがないんだもの……ましてラミレスの裸なんて、とても直視できないわ)

「恥ずかしいのは今だけだ。ほら、手はじめに触れてみるといい」

 ラミレスに手を取られ、フィアーナの手のひらが彼の逞しい胸にピタリと当てられた。

 

↑読了ついでにポチッと(*´ω`*)桜猫にちゅ~るが贈られます。
↑読了ついでにポチッと(*´ω`*)桜猫にちゅ~るが贈られます。
癒やしの聖女は~
~桜猫*日和~