★2/15:雑記更新 ・「嘘つき聖女候補~」と「座学の女王さま~」をメインに更新中。

安堵と後悔2

各話表紙:聖女

「どうですか、フィアーナ。うしろからされるのも、気持ちいいでしょう?」

 自分の熱を根本まで押し込むと、ラミレスはフィアーナのやわらかな乳房を揉みながら、ゆるゆると腰を揺らしはじめる。

「あ、やだ……こんな……あぁん……いい、の……っ」

 快感から逃れようと腰を引きたくとも、ラミレスの上に座っているのでそれもままならない。

 その上、胸も揉みしだかれ快感を煽られていると、もう喘ぐことしかできない。

「ふふ、可愛いですね……もう中で私を締めつけ始めましたよ。……そんなに、私が欲しいんですか?」

「――!!」

 頭の芯が一瞬で蕩けるような甘く低い声でささやかれ、フィアーナの腰がビクンと跳ねた。

 頭だけでなく、体の芯まで一瞬で痺れてしまった。

 ラミレスから与えられる愛撫に敏感に反応してしまう。

 自分の媚肉がひくついて新たな蜜を溢れさせたのがわかり、フィアーナは頬がかっと熱くなる。

「ほしい、の……ラミレスでいっぱいにして……っ」
「最初は痛がっていたのが嘘みたいですね」
「だ、だって、気持ちよくて……っ」

 ラミレスが徐々に動きを速めてくるので、フィアーナもどんどん気持ちよくなり息が乱れる。

 むずむずした焦れた感覚がお腹の奥で暴れまわっているような感覚だ。

「その欲しくてたまらなそうな顔、見てるだけで達きそうです……」

 ラミレスも相当気持ちいいのか、切なげに瞳を細める。

 そこには笑みも含まれていて、なんとも幸せそうだ。

 ラミレスは背後からフィアーナの艶姿を見つめながら、時折肩や首筋を甘噛みする。

「んん、くすぐったい……あぁ、まって、わたし、もう……」

 ずっと抱かれ続けてきたせいで、フィアーナは軽い刺激でも達してしまいそうだ。

 必死に快感に耐えるが、熱く潤んだ瞳から涙がこぼれる。

「わかりました。じゃあ少し失礼します」

 そう言うとラミレスはフィアーナを四つん這いにした。

 大きな手がフィアーナの繊細な腰をぐっと引き寄せる。

「いつでも達ってくださいね」
「え? あ……ああぁっ、きゃ……こんな……やあぁ……っ」

 一気にラミレスの律動が速くなり、激しく腰を打ち付けられる。

 熱杭がフィアーナの胎内を激しく擦り、体の奥から熱い熱で溶かされるような感覚だ。

「熱いっ、あぁ……ふあぁ……ぁっ……」
「ん……これじゃどっちが熱いのか、わかりませんね……ふふ」

 一心不乱に腰を打ち付けながら、ラミレスはフィアーナの花芯に指を伸ばす。

 軽く触れれば、そこはすでに愛液に塗れていた。

「ああぁっ、はあっ……ぬるぬる、しない、でぇ……っ」

「気持ちよくしてあげているんですよ、その証拠に中がすごく締まって……あぁ、これは、ヤバイ……」

 ラミレスが掠めるような繊細な手つきで花芯を撫でるたびに、フィアーナの腰がビクリと震えきゅうっとラミレス自身を締め付ける。

「だめぇ、あぁ……ひ、あぁあッ……!」

 ラミレスの指がフィアーナの花芯をキュッと摘み上げると、フィアーナの体がビクリと跳ねた。

 必死に快感に耐えていたのに、神経の集まりとも言える最も敏感な官能の芽を刺激されて、フィアーナはあっという間に高みに押し上げられてしまった。

 一瞬で達してしまったフィアーナの体から、がくりと力が抜ける。

「そんなによかったですか? 私をこんなに締めつけて……本当にほしがりですね、フィアーナは」

 ラミレスの瞳も熱く潤み、肌には薄っすらと汗をかいている。

 息も荒くなっているのを見ると、おそらく限界が近いのだろう。

 それでもフィアーナの達した様子を見て嬉しそうに笑みを浮かべると、フィアーナに抱きつきピッタリと肌を重ねる。

 お互いの汗ばんだ肌は艶やかな香りを放ちつつ、吸い付くようにくっついた。

「愛しています」

 愛の言葉をささかれたかと思うと、ラミレスの唇が重なり熱い舌が絡められる。

(わたしも、愛してるわ……)

 力は入らなかったが、フィアーナが微笑むと、ラミレスの熱い欲望がフィアーナの体の奥で弾けた。

 

↑読了ついでにポチッと(*´ω`*)桜猫にちゅ~るが贈られます。
↑読了ついでにポチッと(*´ω`*)桜猫にちゅ~るが贈られます。
癒やしの聖女は~
~桜猫*日和~