桜猫日和へようこそ。
当サイトはロマンス小説を公開しています。
R18作品をメインに取り扱っておりますのでご注意ください。

贄の魔導王は~

贄の魔導王は~

王の役割

「ふあぁ……」  翌朝ノエリアはベッドの中で目を覚ます。 ...
贄の魔導王は~

憂いの王4

「夢ならわたしも見ました。ディースさまのものとは内容が違い...
贄の魔導王は~

憂いの王3

 視界に誰もいないことを確認すると、ディースファルトはふう...
贄の魔導王は~

憂いの王2

「はい、では、ディース……さま、と呼ばせていただきます」「...
贄の魔導王は~

憂いの王

「はあ……夢みたい」  ノエリアは夢見心地で、ぼーっとして...
贄の魔導王は~

王都へ5

「実はわたし、生まれてこのかた恋愛に縁がなくてですね……」...
贄の魔導王は~

王都へ4

「ご、ごそんがん……」  いきなり前に並んでいる貴族の令嬢...
贄の魔導王は~

王都へ3

(朝の空気を吸おう)  ベッドから立ち上がり窓辺に行くと、...
贄の魔導王は~

王都へ2

「凄く詳しいんですね、その、騎獣というものに」「そりゃあ当...
贄の魔導王は~

王都へ

「あまり村の外って出たことないのよね……」  うーん、と唸...